HOME お問い合わせ サイトマップ 教職員採用情報 プライバシーポリシー 関連校LINK

中等部 Q&A

HOME >>> 中等部受験の方へ >>> 中等部 Q&A

【入試について】

中等部入試の配点、合否基準を教えてください。
  各回ごとに試験科目、時間、配点が違います。

第1回(2/1PM) ※国語と算数の2科目のみでも受験できます。

・社理   100点  試験時間 40分(14:50~15:30)  
・国語   100点  試験時間 40分(15:45~16:25)  
・算数   100点  試験時間 40分(16:40~17:20)  

合否については、2科判定と4科判定をします。
  
■2科判定 
全受験者を対象に国語、算数の合計点にて、2科判定の合格点を決定します。
  
■4科判定 
4科目受験者を対象に社会理科、国語、算数の合計点にて、4科判定の合格点を決定します。

2科判定または4科判定における合格最低点のうち、どちらか一方の基準をクリアすれば、合格となります。合否は、2科目受験者、4科目受験者の割合などを考慮して決定している訳ではありません。


第2回(2/2PM)●14:30集合  / ●15:30集合
・算数   150点  試験時間 50分(14:45~15:35 / 15:50~16:40 )  
・理科   150点  試験時間 50分(15:50~16:40 / 16:55~17:45 ) 

合否は算数、理科の合計点にて、決定します。


第3回(2/4AM)
・国語   100点  試験時間 40分(8:50~9:30)  
・算数   100点  試験時間 40分(9:45~10:25)  
・社会   100点  試験時間 40分(10:40~11:20)  
・理科   100点  試験時間 40分(11:35~12:15)  

合否は国語、算数、社会、理科の合計点にて、決定します。

「中等部入試結果」はこちらを参照ください。

入試日程によって、問題の傾向や難易度は違うのですか?
  入試日程によって、試験科目、試験時間、問題傾向が異なります。しかし、難易度に関しては、日程ごとでの大きな違いはなく、どの日程も基本知識を身につけた上で、道筋をたてて考えることができれば、解答できる問題が主なものとなっています。
12月に行う入試対策説明会では、各教科の入試問題傾向、対策について、お話しますので、ぜひご参加ください。

「中等部募集要項」はこちらを参照ください。

複数回受験の優遇はありますか?
  複数回受験の優遇はありません。各回の得点の結果で、公平に判定を行います。

12月に行う入試対策説明会では入試問題の対策方法などもお話します。ぜひ参加していただき、しっかりと対策していただければと思います。

「中等部説明会日程」はこちらを参照ください。

補欠合格制度や繰上合格制度について教えてください。
  補欠合格制度はありません。場合によって、不合格者の中から繰り上げ合格を出すことがあります。その場合、電話にて連絡させていただきます。
帰国子女入試および帰国子女優遇制度はありますか?
  帰国子女入試や帰国子女優遇制度はありません。
試験当日、校内で食事をする場所はありますか。
  校内の「飛翔館」地下1階にある食堂にて、持ってきたお弁当を食べていただくことができます(当日食堂は営業しておりません)。自動販売機の利用は可能です。

午後入試がある2月1日、2日は、12時頃より利用が可能です。
試験に遅れそうな場合は連絡が必要ですか。
  連絡は必要ありません。また、会場への途中入室も可能です(残り時間で受験していただくことになります)。
第1回入試では2科か4科の選択ができ、第2回入試では集合時間が選択できます。
当日の状況で判断していただいてかまいません。
校内見学、授業見学はできますか。
  本校での説明会開催時には、校内見学を実施しています。
またそれ以外でも、校内見学、授業見学は可能です。
本校にご来校いただき、正門警備室にて入校のお手続きをいただければ、ご自由に校内をご見学いただけます。  
見学に際し、事前の連絡などは必要ありませんが、学校休校日、行事などで授業を行っていない日などがありますので、その点はご注意ください。

ご不明な点がありましたら、お電話にて本校までお問い合わせください。

【学校制度について】

併設大学への推薦制度について教えてください。
  東京農業大学・東京情報大学への優先入学制度があり、下記の4つの内容を総合して推薦します。

【1】 在学中の成績
【2】 2年次 オープンキャンパス参加
【3】 3年間の出席状況
【4】 3年次に実施する併設大学校内選考試験

上記の基準を満たした推薦入学希望者に対して、大学が優先入学試験(小論文・面接)を実施し、合否を決定します。
現状では、併設大学への優先入学制度を利用する生徒は、あまり多くありません。


≪東京農業大学 優先入学制度利用≫

■2017年
・卒業生数 344名
・優先入学者数 11名(3.2%)

■2016年
・卒業生数 324名
・優先入学者数 12名(3.7%)

■2015年
・卒業生数 370名
・優先入学者数 39名(10.5%)

■2014年
・卒業生数 328名
・優先入学者数 21名(6.4%)

農大の推薦権を保持したまま、他大学受験はできません。
現状では、農大が第一志望でなければ、農大の推薦は利用せずに、他大学受験をする生徒が多くなっています。農大も選択肢のひとつと考えている場合、推薦ではなく、一般受験で農大を受験する生徒もいます。

「併設大学への進学」はこちらを参照ください。

併設大学との連携や交流はありますか?
  総合学習で行う「お米の科学」や「稲作」などでは、東京農業大学の設備を利用し、大学教授の講義を聞く機会があります。

本校での総合学習の様子はこちらを参照ください。

クラス替えは毎年あるのですか?
  毎年クラス替えを行っています。
中高一貫生と高校入学生のクラス編成などはどのようになっていますか?
また、カリキュラムや行事、部活動の参加に違いはありますか?
  中高一貫生と高校入学生については、現状では、クラス編成としては混ざることはなく、別々になっています。講習や高校3年次の一部の選択授業で、中高一貫生と高校入学生が同じ授業を受けることがあります。
  
行事や部活動、委員会活動に関しては一緒に活動していますので、中高一貫生と高校入学生のよい交流の機会となっています。
保護者の転勤で通学ができなくなった場合、戻ってきた際には復学できますか?
  転入学の時期は高校1年の9月が最終となっています。その場合、復学試験を受けていただきます。

【費用について】

入学後にかかる費用について教えてください。
  入学手続時および入学後6年間で必要な費用につきましては、サイト内の学費ページをご覧ください。

「中等部学費」はこちらを参照ください。

宿泊を伴う研修や修学旅行の費用について教えてください。
  費用の概算は以下の通りです。

●中等部1年生 宿泊研修(2泊3日 富士五湖)  約43,000円

●中等部1年生 スキー教室(2泊3日 志賀高原)  約30,000円
※スキー板、スキーウエアをレンタルする場合は、レンタル料 約5,000円が追加。

●中等部2年生 英語体験学習(2泊3日 ブリティッシュヒルズ)  42,000円

●中等部2年生 研修旅行(2泊3日 奈良・京都)  約62,000円

●中等部2年生 スキー教室(3泊4日 志賀高原)  約39,000円

●中等部3年生 修学旅行(3泊4日 北海道)  122,000円 

●高校1年生  宿泊研修(2泊3日 箱根)  32,000円

●高校2年生  修学旅行(4泊5日 沖縄)  186,000円

※費用は2015年度の実績です
※費用は年度ごとに若干変動する可能性があります。

※学費や諸会費、制服などの費用については、「中等部学費」をご覧ください。

「中等部学費」はこちらを参照ください。

【生活について】

国社数理英の使用教材を教えてください。
  中等部1年生は、以下の副教材を使用しています。

〔国語〕
・新装版 覚えやすい常用漢字  (浜島書店)
・中学 四字熟語 ことわざ 慣用句 問題集  (むさし書房)
・楽しく学べる文法ノート  (新学社)
・中学実力練成テキスト 国語2年  (文理)
・国語便覧  (浜島書店)
・中学書写 硬筆練習帳  (教育出版)
  
〔社会〕  
・図説地理資料 世界の諸地域NOW 2014  (帝国書院)
・教科書対応ワーク(教育出版)地理の完全学習 2 (正進社)
  
〔数学〕  
・システム数学 1 代数編テキスト  (啓林館)
・システム数学 1 幾何編テキスト  (啓林館)
・システム数学 1 代数編問題集発展  (啓林館)
・システム数学 1 幾何編問題集発展  (啓林館)
・中学入学に向けて 新中学1年 数学  (文理)
  
〔理科〕  
・系統的に学ぶ生物(本冊)  (文理)
・最新 理科便覧 東京都版  (浜島書店)
  
〔英語〕  
・New Treasure English Series Stage1  (Z会出版)
・New Treasure English Series Stage1 workbook  (Z会出版)
・New Treasure English Series Stage1 文法問題集  (Z会出版)
・New Treasure English Series Stage1 生徒用CD  (Z会出版)
・New Treasure English Series Stage1 Penmanship  (Z会出版)
・フェイバリット コーパス1800  (東京書籍)
・WinPass 中学英語1  (文理)
  
※2014年入学の中等部1年生の副教材です。
※年度によって、見直し、変更をすることがあります。
英語の授業や海外研修について詳しく教えてください。
  英語の学習は、大学受験対策のためだけではなく、実際に使える英語の習得に力を入れています。

中1、中2では、1クラスを2分割して少人数の授業を行うことで、担当教員が生徒一人ひとりの英語の学習状況を把握しながら、きめ細やかな指導を行っています。
ネイティブ教員による英会話の授業は、中1では希望制の講習として、中2、中3では、授業の中で週1コマの時間をとって行い、年度末にスピーチコンテストを実施しています。

オーストラリアの海外研修は、中3と高1・2の希望者を対象として、英語を学ぶことはもちろんですが、異文化体験、異文化理解、英語によるコミュニケーション力を身につけるために行っています。中3ではおよそ2週間、高1・2ではおよそ3週間をオーストラリアで過ごし、様々な体験、交流を通して学びます。
年度によっても多少違いはありますが、中3では20名前後、高1・2では30名前後の希望者が参加しています。
理科系より文系が得意な子は、この学校に向かないのでしょうか?
理科の授業についていけるか心配です。
  東京農業大学の併設校である中高のため、理系の印象を強くもたれることもありますが、現状では、卒業後の進路としては、文系志望者と理系志望者の割合はほぼ同数になっています。また、大学進学の対応としては、文系、理系ともに、対策を行っておりますので、その点はご安心ください。
本校では、「知耕実学」の理念のもと、理論だけでなく、実物・本物に触れ、体験して、考え、実行する教育を重視しています。これは理科の授業に限った話ではなく、他の教科の授業においても同様です。
教室で机に向かう授業に加え、いろいろな経験をする中で、学びの面白さに到達できる授業を行いますので、何事にも積極的に参加する姿勢で臨んでもらいたいと思います。
夏期講習について詳細を教えてください。
  現在夏休み中に、前期1期、2期、後期3期の3タームに分けて、計12日間程講習を行っています。

中1から中3では、英語、数学、国語の復習や補習と検定対策を中心に行います。
高1、高2では、各教科の基礎的復習と受験に向けた発展的演習を中心に行います。
高3ではセンター試験対策、難関国公立、私立大学対策、重要単元復習を中心とした多種多様な講座が開講されています。

講習の受講料は無料です。講座によっては、テキストの費用がかかることがあります。
部活動の活動状況を教えてください。
  中学生だけで活動する部と中学生、高校生が一緒に活動する部があります。
強制参加ではありませんが、現在中学生の9割以上が部活に加入しています。

クラブ活動の詳細や各クラブの活動日数、活動状況については、
「クラブ活動」の各クラブのページをご覧ください。

「クラブ活動」はこちらを参照ください。

昼食は給食ですか?お弁当ですか?
  給食はありません。
中学生は、基本的にはお弁当を持ってきていただくようになりますが、校内の売店(デイリーショップ)も利用できます。
デイリーショップでは、パン、おにぎりなどの軽食の他、数種類の日替わりのお弁当などを販売しています。
自転車通学は可能ですか?
  自宅からの自転車通学(1㎞以上~10㎞以内)に限り認めています。自転車通学を希望する場合には、申請が必要です。その際、万一に備えて「損害賠償責任保険」(どこの保険会社でも可)への加入をお願いしています。さらに、学校で行う講習の参加を義務づけ、通学中に事故などがないよう自転車通学に関する指導を徹底しています。
学校生活で生じる悩みや、不安などに対して、どのような対応を考えてくれますか?
  クラス担任が常に気を配り、生徒1人ひとりのちょっとした変化にも対応できるようにしています。
担任はいつでも相談にのりますが、相談しにくいケースも考え、カウンセラーが学校に常駐しています。
校舎の1階に、カウンセリングルームがありますが、カウンセリングルームに入るところが他の人からわからないよう、保健室からも入れる工夫がされています。
学習上のつまづきは、教育カウンセラーの資格を持つ教員が対応しています。
いじめについてはどのような対応、解決をしていますか?
  いじめについては、早期発見、早期対策が重要だと考えています。
日頃から生徒や保護者が学校カウンセラーに相談できる場を設けています。
また、いじめのサインを見つけたときは、担任はもちろん、教育カウンセラーの資格を持った教員や学校カウンセラーが連携して、生徒や保護者の話をじっくりと聞き、対策を考え実行していきます。
急な災害が起きた場合の家庭への連絡は、どうなりますか?
  急な災害が起きた場合は、保護者が登録している携帯メールアドレスにお知らせを配信します。また、本校ホームページでもお知らせします。